2017年10月21日土曜日

仙台PTCAネットワークライブ

 仙台PTCAネットワークライブが開催されました。
1日目の若手の先生方のビデオライブに引き続き、2日目はライブデモンストレーションです。
仙台オープン病院と、東北医科薬科大学病院よりの二元中継です。
私たちは東北医科薬科大学病院に集結!
まずは、片平先生の丁寧な御手技。

齋藤先生の見事なレトロ!

さて、私たちは今回全例distal radial approachで手技をいたしました。
私がエコーガイドで穿刺。
CTOでした。もちろん治療は上手く行きました。
生で放映されたのは止血だけ...まぁ、良いのですが。
松隂先生はミニコンです。
6mlのみ。
 舛谷先生は、エコーに頼らずdistal radialを一発穿刺!
さすがです!
こちらもミニコン。4mlのみ。

山本先生は、適応が無いことによりdTRIはできずに、ちょいといじけ気味。。。(笑)
 五十嵐先生も、子カテに4Frを使用!


最後に私がもう一例。
d TRIも上手く行きましたし、なにより松尾先生のIVUSの読みが素晴らしく、また片平先生のお勧めワイヤーセレクションがぴたりとはまり、血管の条件が悪いのですが、良い感じで治療ができました。
ありがとうございました。
終了後にあわてて移動。どうにかギリギリの新幹線に乗ることができました。
片平先生、加藤先生、スタッフの皆様、関係者の皆様、お疲れさまでした。有り難うございました!



2017年10月17日火曜日

Echizen Circulation Meeting

Echizen Circulation Meetingに参加いたしました。
先週に引き続き福井県に来ました。偶然でスケジュールが重なっただけなのですが、福井の先生方には連続してお世話になっております。
ありがとうございます。

研究会では、兼八先生には最新のEVTの話題を、野路先生には動脈硬化の機序と薬剤をご講演頂きました。
私もいつもの内科治療のお話をさせて頂きました。
司会をされた、津田先生、正村先生、ありがとうございます!
沢山の方々がご参加された大きな会でした。仲間と会えるのは嬉しいです!
みなさまありがとうございました!

2017年10月15日日曜日

中〜上級者向け 心臓カテーテル検査・治療を極めよう!

新しいレクチャーのシリーズを秋雨の浅草橋で開催いたしました。
看護セミナー「中〜上級者向け 心臓カテーテル検査・治療を極めよう!」というタイトルです。初級ではなく、基本は解っている皆様への講習会です。
9時30分から16時30分まで、私が延々喋り続けます!
目標は「自ら考えて動けるスタッフになる」「世界レベルに通用するカテ室を目指す」です。
まず、世界の標準的な検査・治療とちょっと進んだ方法、医者・術者の目からみた各デバイスとそれを使用した戦略はなにか?看護師に何を求めているか?など、基礎知識からはじまり、そこから症例ベースでのお話、ビデオライブなどを解説しながら自分で考えてもらえるような内容で作ってみました。
第一回目なのでペース配分も微妙でして...ものすごく走ってしまうところと、じっくり解説できるところのムラが少しあったのをお許しください。
看護セミナーという名前ですがMEさんも御参加されていました。
いかがでしたでしょう?
アンケート結果を見させて頂きましたが、まぁまぁ良い評判であったようで安心いたしました。
お忙しい中わざわざ御参加いただいきまして、本当に有り難うございました。
第2回、第3回も予定しているようです。
リピーターもアリだと思います。(次回はもう少しバージョンアップする予定です!)
御時間ございましたらどうぞ!

しかし、喋り続けるのは疲れます。。。ふー。

2017年10月14日土曜日

13日の金曜日の翌日

 「御名前がありませんが」と秋田・心不全学会の受付で門前払い!
あまりに腹が立ったので、秋田の心不全学会のランチョン講師をボイコットしようと思いました。メーカーさんやコングレ屋さんの対応はひどい!

昨日は、13日の金曜日にもかかわらず、Work Shop、講演会、懇親会ととても良い時間を過ごさせて頂いたのです。眠い目をこすり、朝4時30分に起きて、敦賀から5時に出発しました。
かなり無理があるスケジュールなので、心不全学会のお話は最初はお断りしました。しかし、「どうしても!」との御依頼があったので頑張ってお引き受けしたのです。
今日、東京で行われている、自分達の大切な学会CVITの関東甲信越地方会のお仕事をお許し頂いてまで、秋田への移動でした。
それなのに。。。
しかし、秋田大学の渡邊先生、飯野先生が謝りにいらしたり(両先生はもちろん全然悪くない!)、九州大学の岸先生から心配されたり...ということで仲間の顔を潰すわけにはいきません。すごい屈辱感ですが、彼らが困るのはいけません。。。
座長の山岸先生にご挨拶をしてから、予定のお話をいたしました。

こういうのは、体も疲れますが、気持ちも疲れます。
みんな、気持ち良く仕事したいですね!

「恋人は なまはげ」でも買って帰りましょう!

明日も朝からお仕事入っています。
頑張ります!

市立敦賀病院WORK SHOP

 市立敦賀病院にてSlender PCI WORK SHOPが開催されました。
re tryのCTO、び漫性の狭窄という特徴のある症例へのPCIでした。
なかなか良い感じで治療が出来まして、3件さくさく綺麗に終了いたしました。
ありがとうございました。
夕方からは研究会です。
座長には市立敦賀病院の音羽先生です。
近隣の先生方からも多くの方々に御参加いただき嬉しく思いました!
有り難うございました!

音羽先生はじめ市立敦賀病院スタッフの皆様方、関係者の皆様方、有り難うございました!

2017年10月12日木曜日

3ヶ月目

今日は某ステントの3ヶ月目をOFDIでみる機会がありました。綺麗にストラットが被われていました!嬉しいです!ここまで綺麗だとDAPTを止めたくなるほどです。
retro 5&5で頑張った甲斐がありました!

今日も、あおもり協立病院の内藤先生は4件予定治療プラス緊急1件の治療をさっくりと4時過ぎに終了。さすがです。
お疲れさまでした。

しかし、青森はもう寒い。。。

2017年10月10日火曜日

血糖日内変動研究会



慈恵医科大学の森豊先生をお招きして研究会を開催致しました。森先生は各薬剤の効果をCGMを使ってわかりやすく教えて下さいました。この分野の第一人者のすごい先生にわざわざいらして頂くのは恐縮でしたが、生で御講演を伺って本当に勉強になりました。ありがとうございました!
糖尿病は奥が深いです!
当院の豊田先生に座長をして頂きまして坂井先生が一般演題として発表を頑張りました。いい感じでした。おつかれさまでした。
近隣のクリニックの先生方や薬剤師の先生方にもたくさんお集まり頂きました。ありがとうございました!

2017年10月6日金曜日

OCT WORK SHOP

中澤先生、中野先生を中心にOCT WORK SHOPが開催されました。
比較的近くの病院から若い先生方が見学にいらしていました。
私は午前の外来の合間にちょいとお手伝い。M先生が手詰まりになった所を少しヘルプしました。外来が終わってから一件治療したのですが、見学の若い先生方はランチョンでカテ室には居ません...。まぁ、いつもの東海大学の仲間たちで普通に治療をしました。

WORK SHOPは続きますが、私は本来の仕事である、学校の先生の仕事として学生さんたちの口頭試問。2週間の実習の仕上げです。
私のメッセージはいつも「患者さんをみてね!」です。ガイドラインに書いているから、論文をみたから、本に書いていたから...という事では無く、疾患の知識を持って、患者さんをみて、自分で考えて、実際にタッチして、退院後の患者さんと家族がハッピーになる治療かどうかをよく考えるのが実習だと思います。
今回の学生さん、最後の最後まで回診につきあってくれました。すばらしい!
ご褒美に、今日のWORK SHOPのうちあげにご招待!美味しいもの食べてね!

2017年10月2日月曜日

新しいステント

新しいコンセプトの薬剤溶出性ステントが使用可能になりました。
私の長年のお友達で、青森でお仕事していた方が関東に帰ってきまして、とっても偉くなって、今日の説明会にてお話を頂きました。

新しいステントということで皆様の見る目が違います!
良いモノを患者さんに適用したいという気持ちが伝わってくる若い先生の熱心さも、本当に嬉しいです!
普段の○○○の説明会なんか来ないクセに(笑)、今日は皆さんが集まって沢山の質問もしていました。

本当にどのステントがどの病変に良いのか?まだ誰も解らないのかもしれません。まことしやかな事を言う人は沢山いますが....。真実は?です。
しかし、自分の患者とその病変をよく考えた術者が「これを入れるのが最高!」と判断したものはきっと正しいのではないかと思います。的確にそれができるようになるのが私たちの役目だと思います。
やはりそれには患者をしっかり見ること。AIに負けないように頑張りましょう!



2017年10月1日日曜日

心臓病学会

心臓病学会ランチョンセミナーでの講演の為に大阪を往復いたしました。
座長は、兵庫医科大学の石原先生です。
私はいつもの糖尿病のお話をいたしました。
順天堂大学の宮内先生は昨日パブリッシュされたばかりの論文も含めての御講演です。さすがです!
偶然にも、CVITと演者が全く同じでした。心臓病学会最終日の沢山のランチョンの中から糖尿病のお話を聞きに来て下さいました皆様方に感謝です。
では、帰ります。
新幹線に乗っている時間の方が長いという、僅か数時間の大阪滞在でした。
唯一大阪らしいことと言えば、駅でたこ焼き買いまして新幹線の中で食べました!

2017年9月27日水曜日

Wonju Severance Hospital訪問

 韓国WORK SHOP ROAD SHOWの2日目はWonju Severance Hospitalです。
まず、Jon Won Lee先生と私、Seung Hwan Lee先生と加藤先生がチームになって、今日は仕事をしようということになりました。昨日の病院での症例は少なかったので、今日もそうかなぁと期待もしたのですが、世の中そうは甘くはありません。行く前は全部でCTO2症例であったのが、朝は2チームで5症例、そして…緊急4例の追加と合わせていろいろ盛りだくさんの治療をしましいた。
今回の私に課せられたメインの依頼は用意されていたRCAのCTOです。アンテからはザクザクの偽腔ができており、レトロのよさげなチャンネルは残念ながら全部壊されてしまったという症例のリトライです。
レトロから入りまして、4本の太い中隔枝の各分枝をサーフィンしましたが、まったくだめ!前回壊れたチャンネルはワイヤーが通るほどヒーリングしているものでありませんでした。アンテに変更。入口部は硬くG3で強引に開けていきましたが、やはり途中で偽腔です。conquest proとのパラレルも偽腔を泳いでいます。
ちょいと困りましたが、まぁ、困ったときには得意の技で!どうにかよい場所を捉える事ができて末梢までワイヤーは入りました。よかった!ステントを3本いれて終了!
少し時間はかかりましたが、良い治療ができました。

加藤先生もLee先生と一緒にCTOを開けておられました。素晴らしい!
その他、緊急や、透析のキツイ病変、IVUS、FFRと山盛りであったようです。
お疲れさまでした!

120名の外来患者さんを診終わってカテ室にいたらしたYoon先生です。記念写真です。
インターベンションは全例終了。
ありがとうございました。

そして、歓迎会。...フラフラでもヘロヘロでも許してもらえるワケはありません!
ご挨拶を断ることが無い私達日本組は頑張りました!(笑)

韓国の先生方、スタッフの皆様方、関係者の皆様方、お世話になりました!
ありがとうございました!

2017年9月26日火曜日

Gang Neung Asan Hospital訪問

 東大和病院の加藤先生とWonjuのJun-Won Lee先生の企画で若い先生どうしの交流を深めようという意味も含めて、韓国でのWORK SHOP が開催されました。

加藤先生の海外オペレーターデビューです!
難しいLADのCTOをIVUSで確認しながらしっかりと成功に終わっていました!さすがです! おめでとうございます!
 私は午前はLAD subtotal & CXのCTOでLMT病変もある患者さまへの治療でした。一応お手本を見せる為に、私がやらせて頂きました。使用物品も最小限で、滞ることなくサクサクとできました。よかった、よかった!
午後は、RCAのスタンプの無いCTOです。心尖部周りでレトロを回したが良いけれど、サポートカテの長さが足りません。。。。まぁ、それでも何とかリバースカートに持っていって、ギリギリでRG3で強引にアンテのカテにそのままいれて、何とかしました。
わりとゆっくりしたスケジュールで、お昼はのんびりと海を見ながら、刺身が載った辛いソウメンという感じの現地の名物を食べさせて頂いたりと、海外遠征にしては良い時間を過ごさせて頂きました。

終了後の写真です!
ありがとうございました!

ここはソウルから3時間以上かかりますが、来年はオリンピックが開催されるということで、新幹線ができるようです。そうなると1時間でくることができるとか。
空気も綺麗で海も山もあって、良い地域です。

もちろん、夜は....こちらの歓迎は乾杯です!
杯を断ること無い日本組の我々はヘロヘロでした。

2017年9月23日土曜日

Aim RADIAL 2017

 ドイツはシュツットガルトにてAim RADIAL 2017が開催されました。
初日はFFRのライブです。
 松尾先生大活躍!というよりはこき使われすぎです。(笑)
朝から、プレゼンテーション、コメンテータ、カテ室に移動してのお手伝い、また戻ってプレゼンテーション、コメンテーター….。お疲れさまでございました。
 2日目はひたすら橈骨動脈アプローチに関する内容です。
伊苅先生、松隂先生、私と一所懸命頑張りました。


 3日目のメインは朝一番の日本からのライブ中継!
機材のトラブルには、松隂先生の機転が利いてベールアウト!さすがです。(というより、ライブのエンジニアはこれじゃぁダメだろう!)
舛谷先生のSlenderワザが世界に見せつけられました!
みなさま、感動でした!

松隂先生と私の少し新しいネタ含めたプレゼンテーションも、お陰様で世界の方々から沢山のご質問も頂きまして大好評だったと思います。
ヨーロッパはじめ世界の仲間たちと楽しい時間を過ごさせて頂きました。
「来年のSCJのライブにもきてね!お金は出せないけどね!」と御願いしてきました!(笑)
観光する場所もあまりない街のようでした。ガラディナーが博物館で行われたのでそちらに行った以外はずーぅっと会場のホテルに籠もっていました。

では、帰ります!留守番して下さっている皆様に感謝です!
ドイツ語で書かれた甘いお菓子を買ってみました。
これがこちらの名物かどうか解りませんが、山のように売っていたのでたぶん名物?
お楽しみに!

2017年9月15日金曜日

YUDA Expert Conference

YUDA Expert Conferenceに参加いたしました。
動脈硬化に対する私の取り組みをお話させて頂きました。しかし、ここでも若い先生方に食いつかれたのはChameleon Techniqueでした。(^^)/
山口の熱い先生方とスクリーニングや投薬に関してのディスカッションできて嬉しかったです!
遠くから海を渡って参加してくださった見上先生にも感謝です!
お声をかけてくださった小野先生はじめお集まり頂いた先生方、本当にありがとうございました!

ここは「よごれちまった悲しみに…」中原中也の故郷のようです。
どんな詩だったのかなぁと検索をして、幾つかの詩を読み、あらためて感動しました。

2017年9月13日水曜日

青森での研究会

青森市内での研究会でした。
多くの方々の参加に嬉しく思いました。
講演後の情報交換会で、薬剤師の先生が質問をしようとして下さったらしいのですが...申しわけございませんでした。いつでも何でも、私の解る範囲でのご質問には一所懸命お答えします。御遠慮なく、宜しくお願いいたします。
会場離れてから、お仲間と先輩と、近くで食事会をしました。楽しい時間を過ごさせて頂きました。また、偶然、同級生とそのお店で会ってビックリ!嬉しかったです!
皆様、どうも有り難うございました!

2017年9月11日月曜日

旭中央病院

旭中央病院の神田先生にお招きいただきまして、院内での講演会をさせていただきました。
神田先生とは十数年前に中国で一緒にお仕事をさせて頂きました時のご縁です。エレガントな手技に惚れ込んだ記憶があります。
さすが神田先生!食いつくところが、Chameleonワザです!(笑)6Fr, 7Frでもできますので、是非ともお試しを!
他の質問としては、IVUS Guideのワイヤリングはやはり7Frが良いと思います。bale outで仕方が無い時は5Fr GCでそのままやりますが...。
弘前大学出身ということでわざわざご挨拶いただいた、鈴木先生有り難うございました!いつか、何かでお仕事を一緒にいたしましょう!
みなさま、有り難うございました!

2017年9月9日土曜日

CVIT九州・沖縄地方会

お仕事を頂きまして、CVIT九州・沖縄地方会に参加いたしました。
空港をおりたとたん、長崎の暑さにビビリました。お茶を買って会場へ移動。
ビデオライブが行われていました。
今回は分岐部というのがテーマということです。CTOかつ分岐部という難しい症例などもされていました。
私はSlender Bifurcarionという縛りでのビデオライブでした。
奥まで入らないOCTで、中枢側だけの情報で戦略をたてて、ビックリ飛び道具を使ってのPCIでした。いかがでしたでしょうか?
じつは、皆様に見て頂いたほかにもう一つ作成したのですが、そちらはあまりビックリ度が強くないのです。それでは九州・沖縄の皆様に失礼してしまうということで...今回の症例を取り直したのです。喜んで頂ければ幸いです。
九州のアニキとの食事や、九州の仲間たちとの懇親会もとても楽しかったです。
皆様本当に有り難うございました。
会場では仲間たちの活躍も見ることができまして嬉しかったです!
大会長の竹下先生、スタッフの皆様方、御参加された皆様方、お疲れさまでした。

2017年9月6日水曜日

秋田のおみやげ

 秋田に講演のためにやってきました。
秋田大学の先生方や昔からの東北のインターベンションの仲間たちに迎えられて幸せな時間でした。
私の黒歴史パッチくん時代が秋田大学の渡邊先生、飯野先生にばれてしまいました。(笑)
みなさま、本当にありがとうございました!
さて、秋田のおみやげといえば....金萬とか、いろいろ名菓はありますが、ふと見つけたモノはこれです。
「恋人は なまはげ」
全国各地で色々なお土産を目にします。「○○の恋人」とか「恋人は○○○」とか恋人ネーミングは珍しものでは無いのですが、さすがにこれはインパクが強い!
彼女がなまはげ
彼氏がなまはげ
想像すると笑えます!
さすが秋田!参りました!

2017年9月5日火曜日

CTOあける篠崎先生

今日は「篠崎先生がCTOをあける一日」でした。
長いBK、硬いcoronaryと、チョイと休憩するのみで、ずっと頑張っていました!さすが、根性あります!
うまくいって、患者さまは凄い喜んでいました!よかった、よかった!
お疲れさまでした!

2017年9月4日月曜日

WEB講演会

WEBでの講演は苦手です。目の前にはカメラとモニターだけです。遠いところでスタッフの方々が真剣な顔でみています。
モニターの自分は鏡面に映っていないので、体が右に傾いているなぁとおもって左に傾けると、実はさらに右に傾きます。あわてます。
ペースをつかめずに時間オーバーしてしまいます。恥ずかしいです。時計をみながら焦ってお話します。
しかも、今回は10分の講演を30分ごとに3回連続でやるのです。3回目は滑舌が回らずかんでしまいます。
日本中の方々におろおろしているところを一方的にみられている感があります。時間が限られると面白い話しも盛り込めず、ますます申し訳ないです。
まだまだ修行が足りません。頑張ります!
....しかし、きっと慣れることはできないのです。所詮はお医者さん、素人です。アナウンサーというお仕事は凄いなぁと本当に思います。

2017年9月2日土曜日

SCJ AWARD 2017 @ SLDC

SCJ AWARD 2017 @ SLDCが開催されました。
今回はすぐに論文化できるような内容が多く、とても質の高いプレゼンテーションが多く驚きました。3Fr sheath vs 3Fr sheathlessとか、5Fr vs 6Fr 多変量解析とか…..凄すぎる!
今回もAWARDを獲得したのは、小樽の高川先生でした!
おめでとうございます!
高川先生はすでにチャレンジャーではなく審査する側ではないかというご意見もありましたが…(>_<)
賞品は「1回SCJ meetingにFacultyとして参加する(仕事をさせられる)権利」ですが、常にfacultyの高川先生は、「お仲間のどなたかをFacultyとして参加させられる権利」として使用する事と思います。みなさま、高川先生と仲良くしてください!良いことがあります(笑)
北海道の皆様、参加された皆様、ありがとうございました!
涼しくすでに秋を感じる札幌でした。

2017年8月31日木曜日

EVT Work Shop

あおもり協立病院にてEVT Work Shopが開催されました。
今回は東海大学の篠崎先生が術者として、弘前・のだ血管内科クリニックの野田先生がコメンテーターとして参加です。
タフケースを丁寧な作業で治療、非常に良い仕上がりになりました。篠崎先生、 内藤先生、澤岡先生、お疲れさまでした。

2017年8月30日水曜日

第20回 青森県臨床内科医会生涯教育講座

第20回 青森県臨床内科医会生涯教育講座が開催されました。岐阜大学の西垣先生をお招きして特別講演を承りました。私も座長をさせていただきました。
糖尿病、脂質異常症について科学的、論理的に、熱く語って頂きました!
ありがとうございました!
内藤先生、和田先生、秋山先生はじめ御参加いただいた皆様方ありがとうございました!姉弟で感謝いたします!

2017年8月26日土曜日

第14回 日本循環器学会コメディカルセミナー

第14回 日本循環器学会コメディカルセミナーは横浜で開催されました。
関西よりも多くの人数が参加していりました。700名以上らしいです。
なんと、3面横にとった画面ですので、いつものレーザポインターが使えません。
あわてて、ポインターが無くても解るように、アニメーションをつけたり、解説をつけたりと、プレゼンを手直ししました。
しかも、座長をするなんて契約はしていないように思ったのですが...まぁ、暇な私ですので何でもOKです!
勉強させてもらいました!
久しぶりに会う仲間たちが講師をしていたり、青森からわざわざ参加してくださった仲間たちもいて、とても嬉しかったです!
真夏の横浜は、海に面していているとはいえものすごく暑く、パシフィコの中が天国に感じる涼しさでした。
講師の先生方、参加されたコメディカルの皆様、お疲れさまでした!

2017年8月25日金曜日

夏の宮崎

 宮崎には冬しか来たことがありませんでした。「暖かくて良いねー、宮崎!」と思っていましたが....夏は暑い!

宮崎大学の石川先生、鬼塚先生にお招きいただきまして、糖尿病のお話をさせていただきました。
ホテルの中は涼しいです。
奈良県立医大の添田先生のお話も拝聴することができました。
私の後輩○○○くんがとても失礼なヤツで申し訳ございませんとお詫び!でも、いいヤツなので今後ともよろしくお願いしますとご挨拶いたしました。○○○くんの苦労話?も聞かせて頂きました。
また、添田先生はOCT / OFDIの大家ということで私たち東海の仲間たちとも交流を持ちたいとのお話を伺いましたので、そのうち「誰かと奈良に乱入します!」と約束させて頂きました。
夜は少しだけ涼しくなり、いい感じでした。
石川先生、鬼塚先生はじめ宮崎大学の皆様、ありがとうございました。
急患が来て大変だったとのことで申し訳ございませんでした。
今後ともよろしくお願い申し上げます。